眼科

紹介

外来は月~金曜日の午前・午後に一般診療を行っています。
白内障、緑内障、加齢黄斑変性等の黄斑疾患、糖尿病網膜症、ぶどう膜炎、甲状腺眼症、神経眼科疾患、外眼部疾患(眼瞼下垂等)、涙道疾患、ドライアイ等眼科全般に対応しています。

また、視野検査、蛍光眼底造影検査、眼筋機能精密検査、電気生理学的検査(網膜電図)等の検査と外来手術として糖尿病網膜症や網膜裂孔、網膜血管疾患、後発白内障等に対するレーザー治療を行っています。
小児の診療や就職、職学時の健診等も行っております。

水曜日の午後は手術日となっています。
白内障を主体に、その他眼瞼下垂や内反症等の外眼部の手術、硝子体内注射等を行います。
手術は日帰り、入院のいずれも可能です。

これまでは毎週火曜日の午前中のみの対応でしたが、精密視野計、眼底カメラ、光干渉断層計(OCT)等の検査機器とカラーレーザー装置を新たに備え、毎日診療を行うことができるようになりました。

糖尿病をはじめ甲状腺疾患、膠原病等全身疾患と関連のある眼疾患は少なくありません。
当院が総合病院であることを活かし、各科と連携して診療にあたっています。

デバッグ情報 てすと
$now_id:
$now_name:
$now_slug:
$parent_id: