臨床検査部

紹介

臨床検査部は中央棟1階外来診療科に隣接しています。
臨床検査は、人体からの各種材料を用い、色々な成分を分析する検体検査と人体内部の情報を機能・画像処理する生理機能に大きく分けられます。

診療内容紹介

検体検査
生理機能検査室

検体検査

生化学検査・免疫検査

採取した血液から、血球成分を除いた上清(血清)を用いて検査を行います。主な検査項目にGOT、GPT、AMY、総コレステロール、電解質などを自動分析装置を用いて測定します。他に、甲状腺機能関連ホルモン、感染症関連検査及び腫瘍マーカーを測定する機種も配置しております。

 生化学自動分析装置

血液検査

血球成分を除かない全血を用いて、赤血球数、白血球数、血小板数、ヘマトクリット値、ヘモグロビンなどを測定し、貧血の有無などを検査します。

全自動血球測定装置
全自動血球測定装置

尿検査

尿中の蛋白、糖、潜血、ウロビリノーゲンなど含めた10項目を同時に測定することができます。

尿自動分析装置
尿自動分析装置

細菌検査

人体からの各種材料を対象に、細菌感染の有無を調べます。塗抹検査により細菌の形態を観察して、起因菌を同定し、薬剤の効き具合の程度を調べる感受性試験を行います。また、本装置は蓄積されたデータを解析し、菌種別の検出率や特定の菌に対する薬剤感受性の動向などを検索することができます。

全自動細菌検査装置
全自動細菌検査装置

▲ページ先頭へ戻る

生理機能検査室

心電図検査

心臓は全身に血液を循環させるポンプ機能として、24時間休みなく働き続けています。その働きを電気的な信号として抽出し、記録したものが心電図検査です。また、24時間連続して記録するホルター心電図(携帯型)もあります。

心電図(自動解析装置付)
心電図(自動解析装置付)

肺機能検査

最もポピュラーなものに肺活量があります。肺活量と1秒率を測定することにより、換気機能障害を分類することができます。又、塵肺法による肺機能検査にも用いられます。

電子スパイロメーター
電子スパイロメーター

超音波検査

超音波とは、人の耳では聞き取ることが出来ない周波数の高い音波のことで、身体に害を与えることなく、身体のあらゆる臓器の検索に用いられます。超音波の特性を利用して人体の内部情報を画像として抽出し、肝臓や甲状腺などの臓器の検査が行われます。

超音波診断装置
超音波診断装置

神経検査

手や足の神経伝導速度を測定する検査で、しびれや脱力のある人で末梢神経障害(糖尿病性の末梢神経障害も含む)が疑われる時に検査します。

ニューロパック
ニューロパック

PSG検査

睡眠時障害を検査するものです。睡眠中に“いびき”に悩まされている隣人が、「あなたの“いびき”は大きいよ」とか「息がしばらく止まっているみたい」とか言われたことはありませんか?そのような経験のある方は一度検査してはいかがでしょうか。

スリープウォッチャー
スリープウォッチャー

デバッグ情報 てすと
$now_id:
$now_name:
$now_slug:
$parent_id: