ホーム » 当院について » 令和2年度 病院指標

令和2年度 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 137 26 126 404 339 364 1009 1326 1017 254

60歳代をピークに70歳以上の高齢な患者さんが多いのは、地域包括ケアを担う病院の特性であると思われます。70歳以上の患者さんの占める割合が高くなっているのは、加齢と共に一つの疾患で無く、複数の疾患を抱えており、今後もこの傾向が続くことも考えられます。一方、年齢別入院患者数の特徴として、10歳未満の患者さんが多いのはほとんどが当院の産科で産まれた赤ちゃんです。低体重児や新生児黄疸の赤ちゃんが多くを占めています。
高齢者が増えることにより、肺炎(誤嚥性肺炎)、骨折、循環器疾患、認知症などの患者さんが増えることが予想されることから、予防医学に努めることも含め、入院患者さんをスムーズに受け入れられる体制を整える必要があります。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 392 2.56 2.66 0.00 68.89
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 67 20.27 17.23 11.94 82.96
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 58 11.72 9.53 5.17 80.16
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 46 27.65 33.50 4.35 71.30
060020xx04xxxx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 43 8.00 8.11 2.33 71.98

【消化器内科】
・胃カメラ・大腸カメラによる検査
最新の内視鏡システムを用いて詳しく検査を行います。
・ピロリ菌の診断・除菌
ピロリ菌は胃癌をはじめ様々な疾患のリスクだけでなく、胃・十二指腸潰瘍、リンパ腫など様々な病気の原因となります。感染が確認されれば抗生剤を用いた1週間の内服治療で除菌を行います。
・カメラによる早期癌、ポリープの治療
早期に発見された食道癌、胃癌、大腸癌は腹部を切らずにカメラによる治療で治癒が期待できます。大腸のポリープ切除も行っております。
・カプセル内視鏡
小腸病変を検索する検査です。小さなカプセルの中の超小型カメラで小腸病変を検索します。
・炎症性腸疾患
ひどい下痢や腹痛、血便が続く場合には炎症性腸疾患を疑う必要があります。大腸カメラ、レントゲン検査や血液検査などで診断を行い、症状に応じて治療を行います。
・胆管(肝内外)結石、胆管炎
総胆管結石、胆管炎によるERCPは以前は外科が主に行ってましたが、2年前より消化器内科でも行っております。閉塞性黄疸、肝障害で内科受診を行い総胆管結石、胆管炎、膵臓癌、胆管癌などが見つかることが多いです。胆管炎は重症化することも多く、緊急の処置が必要であり、夜間も行えるように内視鏡看護師と共に毎日待機を行っております。
【循環器内科】
心不全とは、何らかの原因により心臓がうまく機能せず、息切れやむくみが起こり、悪化することによって生命を縮める病気です。元々心臓が弱いところにいろいろな原因(たとえば風邪を引いたり、薬を飲み忘れてしまったり)により心臓に負担がかかり起きてしまいます。
当院では循環器専門医が複数名常勤しており、専門的な治療を行っております。
【腎臓内科】
末期慢性腎不全患者の透析導入(血液透析、腹膜透析)や維持透析患者の合併症の加療を行っております。


外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 109 7.47 7.23 0.00 59.77
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 105 5.33 4.86 1.90 68.92
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 69 10.58 9.53 13.04 80.58
100020xx010xxx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除(頸部外側区域郭清を伴わないもの)等 手術・処置等1なし 59 7.44 8.50 0.00 56.07
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 49 17.08 16.19 6.12 71.08

腹腔鏡下胆嚢摘出術は20年以上前から導入しており、2021年9月時点で6145件に上っています。急性胆嚢炎でもPTGBDやENBDを留置し、腹腔鏡手術でアプローチして高い完遂率と安全性で行っています。また、総胆管結石などの胆道系の疾患に対してERCPを内科・外科とも行うことができるため、平日昼間はもちろん夕方や休日でも積極的に治療しています。悪性疾患であっても肝胆膵外科の充実により手術を積極的に行っています。切除不能の場合にはステント留置や化学療法も行っています。大腸癌に対する治療は、消化器内視鏡による診断、早期大腸癌に対するESDから進行癌に対する鏡視下手術、さらに切除不能進行・再発大腸癌に対しては化学療法を行い、診断と共に幅広い治療を行っています。鏡視下手術では3Dカメラの導入、ハイボリュームセンターからの技術指導により安全な手術を心掛けています。甲状腺に対しては甲状腺専門外来を創設し、内科・外科が連携して診断・治療を多く手掛けています。鼠径ヘルニアは非常にポピュラーな疾患ですが、近年再度腹腔鏡下手術も行っており、従来の下半身麻酔による前方アプローチと共に短期間入院で患者さんのニーズに応じた治療が可能です。


泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1あり 116 2.01 2.54 0.00 74.19
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2なし 41 5.76 7.13 0.00 72.41
110080xx9902xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 26 9.12 25.56 0.00 77.08
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 定義副傷病なし 14 2.21 4.13 0.00 76.00
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 定義副傷病なし 12 8.00 7.26 8.33 74.42

PSA検診に伴う前立腺生検が最も多く、次いで膀胱癌に関しては生検も含め、再発症例がいるので症例が多くなります。ほかは、放射線治療、尿路上皮癌の抗癌剤目的の入院患者さんが多い傾向です。
経尿道的手術が主ですが、体外衝撃波による結石の治療も継続して行っております。また、水腎症に対する、尿管ステント・腎瘻等も多いです(当科疾患、外科疾患、婦人科疾患、血液内科疾患の抗癌剤治療での延命率の延長に伴うもの)。


婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 83 9.73 9.45 0.00 33.78
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 50 10.20 5.39 0.00 33.80
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 46 10.30 9.57 0.00 45.13
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 28 11.71 9.45 3.57 31.82
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 27 6.81 6.16 0.00 44.44

当院は地域周産期センターとして認定されているため、ハイリスク妊娠の妊娠・分娩管理を行っており、特に切迫早産・双胎や甲状腺疾患・糖尿病・妊娠糖尿病などの合併症妊娠の管理を多数行っております。またセミオープン形式により、無床産婦人科クリニックと連携したローリスク分娩も行っています。また、一般不妊治療から体外受精、顕微授精など高度生殖補助医療を行えるセンターを有し、卵から赤ちゃんまでをモットーに系統的な治療を行っています。


皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 22 13.64 12.87 4.55 61.45
100100xx99x0xx 糖尿病足病変 なし 手術・処置等2なし - - 21.56 - -
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - - 7.71 - -
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 9.12 - -
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 手術なし 手術・処置等2なし - - 12.57 - -

当院皮膚科では蜂窩織炎や軟部組織感染症などの急性感染症、入院管理が必要な腫瘍の手術、帯状疱疹や糖尿病の合併症である足病変の治療を多く行っています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 58 15 10 25 20 11 1 7
大腸癌 20 38 21 20 39 14 1 7,8
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - 12 - 1 7
肝癌 - 14 31 10 - 13 1 6,7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院では消化器癌を積極的に治療しており、胃癌、大腸癌、肝癌の順に症例が多くなっています。早期胃癌、早期大腸癌では特に従来の開腹手術だけでなく、内視鏡的治療および腹腔鏡下手術を積極的に行っているため、StageⅠ症例が比較的多い傾向にあります。また遠隔転移などを有するStageⅣ症例に対しても全身化学療法と手術療法を組み合わせた集学的治療を諦めずに行うため、数が多くなっています。
当院では積極的な抗癌剤治療だけでなく、StageⅣの患者さんを対象としてQOLを考慮した緩和ケア、在宅ケアなども積極的に行っております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 39 20.90 84.46
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -

成人市中肺炎とは、普通の社会生活を送っている中で発症した大人の肺炎を意味します。当院の成人市中肺炎による入院患者さんの特徴は、中等症の高齢者肺炎が多いことです。患者さんが高齢であるほど、肺炎の重症度が増す傾向にあります。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 12 19.25 70.42 16.67
その他 - 40.67 81.83 11.11

当院では脳梗塞急性期における血栓溶解療法は行っていないため、脳梗塞急性期の患者さんの入院は多くありません。専門の脳神経外科がないため、脳外科的治療の対象になりそうな脳血管疾患の患者さんは少ない状況ですが、脳梗塞後のリハビリや嚥下訓練を積極的に行っています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 345 0.15 1.08 0.00 68.58
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純) 129 3.57 10.58 5.43 72.16
K654 内視鏡的消化管止血術 65 2.37 9.62 6.15 74.57
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 44 0.05 3.57 0.00 71.86
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 42 0.29 6.74 2.38 72.10

内視鏡室にて胃カメラ、大腸カメラ、超音波内視鏡(EUS)、小腸カプセル内視鏡などの各種検査を行っています。治療では内視鏡下粘膜下層剥離術(ESD)・内視鏡下粘膜切除術(EMR)、内視鏡下ポリープ切除術(ポリペクトミー)(上部・下部)、内視鏡下止血術(上部・下部)、内視鏡下バルーン拡張術、ステント挿入(上部・下部)イレウス管挿入術(経肛門的、経鼻)などを行っています。なかでも早期癌(食道癌、胃癌、大腸癌)に対する胃カメラ、大腸カメラによる治療を積極的に行っています。消化管止血等の緊急内視鏡検査に対しては24時間オンコール体制をとっており、緊急時には夜間でも内視鏡検査が可能です。なお、検査器具については日本内視鏡学会ガイドラインに則って洗浄・消毒し、特にディスポーザブルの器具の導入も考慮し、感染対策には力を入れております。
また、当院は腎センターを併設しており、血液透析患者のブラッドアクセス手術(プライマリーからトラブル例を含む)を行っております。


外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 175 3.32 5.53 0.57 62.46
K6335 鼠径ヘルニア手術 55 1.53 3.05 3.64 75.47
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 55 4.78 6.67 10.91 82.16
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除) 55 2.98 14.84 3.64 70.64
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 50 1.12 2.94 0.00 61.72

腹腔鏡下胆嚢摘出術は20年以上前から導入しており、2021年9月時点で6145件に上っています。急性胆嚢炎でもPTGBDやENBDを留置し、腹腔鏡手術でアプローチして高い完遂率と安全性で行っています。また、総胆管結石などの胆道系の疾患に対してERCPを内科・外科とも行うことができるため、平日昼間はもちろん夕方や休日でも積極的に治療しています。悪性疾患であっても肝胆膵外科の充実により手術を積極的に行っています。切除不能の場合にはステント留置や化学療法も行っています。大腸癌に対する治療は、消化器内視鏡による診断、早期大腸癌に対するESDから進行癌に対する鏡視下手術。さらに切除不能進行・再発大腸癌に対しては化学療法を行い、診断と共に幅広い治療を行っています。鏡視下手術では3Dカメラの導入、ハイボリュームセンターからの技術指導により安全な手術を心掛けています。鼠径ヘルニアは非常にポピュラーな疾患ですが、近年再度腹腔鏡下手術も行っており、従来の下半身麻酔による前方アプローチと共に短期間入院で患者さんのニーズに応じた治療が可能です。


泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 41 0.10 4.66 0.00 72.41
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 28 0.11 4.43 3.57 75.43
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 10 0.00 6.70 0.00 77.10
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 - - - - -
K800-2 経尿道的電気凝固術 - - - - -

膀胱癌に関しては生検も含め、再発症例がいるので症例が多くなります。
次いで、水腎症に対する、尿管ステント・腎瘻等が多いです(当科疾患、外科疾患、婦人科疾患、血液内科疾患の抗癌剤治療での延命率の延長に伴うもの)。以降は経尿道的手術、鏡視下による腎(尿管)悪性腫瘍手術が多いです。


婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 78 2.86 7.15 0.00 33.99
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 49 9.27 8.16 0.00 32.47
K877 子宮全摘術 41 1.00 8.10 0.00 47.61
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 26 1.62 4.08 0.00 42.81
K8732 子宮鏡下子宮筋腫摘出術(その他) 21 0.95 1.76 0.00 43.38

当院は、地域周産期センターとして認定されており、ハイリスク妊娠の管理分娩を行うため、多くの帝王切開を行っています。また高度生殖医療センターもあり、不妊症患者を含む、卵巣腫瘍・子宮内膜症・子宮付属器癒着・卵管留水症・子宮筋腫に対する腹腔鏡下手術や粘膜下子宮筋腫・子宮内膜ポリープに対する子宮鏡下手術も多数行っています。


皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩,上腕,前腕,大腿,下腿,躯幹)
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満)
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満)
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)
K0064 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12cm以上)

手術療法だけで完治できそうな良性腫瘍、早期の皮膚がんなどを中心に手術を行っています。通院が困難な患者さんや、術後の安静やしっかりとした術後管理が必要な患者さんには入院での管理を行っています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 17 0.34
異なる 14 0.28
180010 敗血症 同一 23 0.46
異なる 20 0.40
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 120 2.40
異なる

「播種性血管内凝固」とは、感染症や癌、血液疾患など種々の基礎疾患により全身性に血液凝固系の亢進をきたし、微小血管に血栓という血液の塊を形成して臓器障害を起こし、一方では凝固因子や血小板の消費により、出血症状を呈する症候群のことを言います。これは非常に重篤な状態になります。
「敗血症」とは、感染に対する制御不能な生体反応によって引き起こされる重篤な臓器障害のことを言います。
「播種性血管内凝固」や「敗血症」の診断で当院に入院となる患者さんや、入院後にこれらの診断がついた患者さん、さらには重症感染症や免疫低下状態、悪性疾患の患者さんの中には、種々の治療を行ったにも関わらず病状が悪化してこの病態を呈するようなこともあります。
「手術・処置等の合併症」には、昨年同様もともと手術・術後の合併症に対する治療目的に当院に紹介入院となった患者さんが大半を占めています。特に当院透析診療では透析患者さんの動静脈シャント作成を数多く手掛けており、他院で慢性透析中の患者さんのシャント血管が閉塞や狭窄して準緊急的にシャントの再作成や狭窄解除のための紹介を受けた患者さんがこの中のほとんどを占めています。
一方、4例が当院で行った手術・処置等の合併症に相当すると考えられるもので、内視鏡的ポリープ切除を含む術後出血3例と術後の吻合部狭窄1例が含まれています。

更新履歴

2021年9月28日

 

 

デバッグ情報 てすと
$now_id:
$now_name:
$now_slug:
$parent_id: