ホーム » 当院について » ご挨拶

ご挨拶

院長ご挨拶

院長 今村 卓郎

宮崎県出身。1980年、宮崎医科大学(現宮崎大学医学部)を卒業後、宮崎大学医学部附属病院第一内科入局。宮崎大学医学部医学科内科学講座准教授等を歴任し、2012年4月より古賀総合病院院長に就任。(日本内科学会認定内科医、日本循環器学会循環器専門医)

 

 社会医療法人同心会古賀総合病院は周産期医療、救急医療および、へき地医療に対する貢献を認められて社会医療法人の認定を受けています。また、当院は地域医療支援病院でもあります。地域の先生方にご紹介いただいた患者さんに対して、診断・治療を行い、また紹介元のかかりつけの先生にフォローしていただくのが原則です。治療経過を診るため、当院でも定期的に併診させていただく事もあります。紹介状を持参せずに初めて受診される患者さんの場合は、原則として選定療養費を別途徴収させていただくことになっています。地域の患者さんや地域の先生方からのご紹介のニーズに応えられるよう専門性の高い医療および救急体制の充実を計っています。

 当院は初期臨床研修医の基幹型施設でもあります。令和元年4名、令和2年4名そして今年度3名の初期研修医募集定員に対して、入職した研修医は3年連続フルマッチしています。宮崎大学医学部等からの初期研修医も受け入れており、研修医の教育・人材育成にも力を入れています。更に研修医を終了した専攻医も宮崎大学医学部、東京の三井記念病院、国立国際医療研究センター病院等の専攻医と当院所属の専攻医を合わせて約10名が働いています。看護師も当法人所属のフィオーレKOGA看護専門学校の第2期卒業生19名がこの4月に入職しました。こうした若い医師や看護師の存在が民間病院ではありますが活気のみなぎる職場の源泉になっています。救急告示病院として救急医療にも力を入れています。当院には救急部がないため、一次・二次救急患者を主体に対応しています。ここ数年の救急車応需台数は1200~1250台程度で推移しています。内科・外科を中心に断りを減らしてより多くの救急車を受け入れられるよう職員一同努力していきたいと思います。

 当院の理念は「患者さんやご家族に納得していただける医療・介護・福祉サービスを継続して提供します」です。理念とは立ち戻るべき原点です。職員一同この理念を忘れずに日々行動しなければなりません。さらに当院のビジョンは「地域包括ケアの受け皿病院としての地域医療支援病院を目指す」です。ビジョンとは向かうべき方向です。地域の患者さんや先生方に信頼される病院・選ばれる病院で在り続けたいと思っています。

デバッグ情報 てすと
$now_id:
$now_name:
$now_slug:
$parent_id: