ホーム » 地域医療連携

地域医療連携

community_banner2

地域医療支援病院について

病院の施設や機能を地域医療機関の皆様に開放し、共同利用することで地域医療連携をさらに強化するための制度です。国では、「医療は患者の身近な地域で提供されることが望ましい」との観点から、かかりつけ医を地域における第一線の医療機関として位置づけ、入院・手術などの設備を有する医療機関との機能分化を図っています。(病診連携)
「地域医療支援病院」とは、平成9年の第三次医療法改正で創設された制度で、紹介患者様に対する医療提供、医療機器等の共同利用や研修等を通じて「かかりつけ医」を支援し、地域医療体制の中核を担う病院として、都道府県知事から「地域医療支援病院」の名称使用を承認された医療施設のことです。

デバッグ情報 てすと
$now_id:
$now_name:
$now_slug:
$parent_id: